沈丁花の薫り 2016

沈丁花が咲き始めた広島です。

前回の投稿は1月末でしたが、その時のタイトルが「早すぎる春」でした。

・・・が、その後気温が上がらず、全く芽出しが進みません。
2月の中旬に非常に暖かい日があったものの、暖かかったのはその数日のみ。

早々と発芽していた芽も全く動かず1ヶ月以上を過ごしたことになります。

昨年の芽出しはかなり早かったので、今年が遅いというわけでもないかもしれませんが、それにしても今年は芽が動いてきていません。
昨年が特別早いかと言えば、3年前と同じくらいなので、さほどでもないんでしょうけどね。

沈丁花が咲いて、山の芽吹きのツンとした薫りがするようになれば、ヤマシャクヤクたちも一斉に動き始めます。
しかし、今年はまだ沈丁花の薫りがするだけです・・・。

棚の様子です。
何も出ていません・・・。

まあ、昨年の出来が良くないことも芽出しの遅れに関与している可能性もありますけど、やはり勢いのある個体は、芽出しも早いように感じます。

自然相手なので、仕方がありません・・・。

そうはいっても芽は動き始めていますので、一喜一憂はあと2週間もすれば到来だろうと思います。

あと少しですね。

改めて棚の写真を見ればかなり鉢間が狭いので、春には少し頑張ってオークションにも出していきたいところです。

さて、一転芽出しの遅い今年の生育はどうなることでしょうか・・・。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2016年 2月 22日

    SECRET: 0
    PASS:
    明日は雨の予定です。 やはり雨が降るとその後の植物の芽のほころびは加速している気がします。
    雪割草はこれから 福寿草は今が盛りです。
    オークション 楽しみですが 出費のかさむ春でして
    目で楽しませてもらいます(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧

Copyrighted Image