九州の宝石たち

今日の広島では激しい雷雨の荒れ模様です。

梅雨明けも間近の感じですね。

この時期ネタも少なくブログのUPも滞りがちですみません・・・(>o<)
HPはもっとサボっています。(大汗)
HPを作り替えようかと思いつつ、そのままになっています。

ぼちぼち頑張ります。

さて、今回は九州産のヤマシャクヤクについて紹介したいと思います。
今回は斑入りではなく、花物の紹介です。

・火の国

これは普通に咲いた火の国です。
九州北部のヤマシャクヤク産地ではこうした紅が入るシロバナヤマシャクヤクが混ざる地域があります。

火の国もそれらの一つで、ご存じの方もおられると思います。

この火の国、満作で咲かせるとすごいことになります。

・火の国(カラコ咲き)

素晴らしいの一言です。

色も濃色になり、見事です。

実は私は火の国を持ってはいますが、実生と株分けのしすぎでこのような咲き方にはなったことがなく、カラコ咲きの写真はお借りしたものです。

さらにもっとすごいのが・・・・・・

・花魁(おいらん)

とてもヤマシャクヤクとは思えないほどの咲き方です。
素晴らしいですね。

九州産の絞り咲きをお持ちの方は、是非満作で咲かしてみてください。
このような素晴らしい咲き方をするかもしれません。

写真は持っていないので紹介できませんが、外輪山の銘が入った個体も素晴らしい花です。

これほどのヤマシャクヤクならば、斑入りでなくとも是非棚に並べたいですね。

よし、私も頑張って大きくしようっと・・・

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    バルトさん、こんばんは。
    花物について、お聞きしたいのですが、良くオークション等では実生苗が出ますが、実生苗では親株と同じ花が咲くとは限らないという話しを聞きます。
    花物を購入する場合は、やはり花を確認するか?間違いない割子という選択になるのでしょうか?
    いつも、質問ばかりでスミマセンm(_ _)m

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >銀さん
    こんにちは。
    実生苗で親と同じ花が咲くか、全く何とも言えません。
    なんせ、購入時に本当にその花の苗かどうか、確認もできませんよね?
    ですので、購入価格もそういうリスクを考えた金額で検討すれば良いのではないでしょうか。
    また、花物を交配目的で買うなら、花の善し悪しだけでなく開花時期も併せて検討しなければ、交配に使えません。
    例えば、うちの主力の四国産と九州の花物は、基本開花日が合いません。例えば火の国が咲く頃には、他の四国産の斑入りは全て花が終わっています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧

Copyrighted Image